2019年12月02日

世界のオンリーワン! びわの葉をぎゅっと凝縮したサプリメント「びわ丸」/十津川農場♪

びわ丸
リピート率95.7%/ねじめびわ茶葉のびわ丸

昔から、枇杷の健康への効果は言われてきました。

温めたこんにゃくを使っての枇杷の葉の湿布。

枇杷の種をアルコールに付け込んで虫刺されなどに使う塗り薬にしたり。

枇杷の葉が手に入る場合は、
自分で葉っぱをお茶にするのもよいかと思います。
実際、我が家が属する自治会にある公園では
枇杷の葉っぱが公園清掃の際の剪定で廃棄され、すごくもったいないので
時々いただいています。

ただ、自分のうちのものではないので
なんとなく、たくさんいただくのは気が引けます。

あと、煮ださないといけないのでちょっと手間がかかります。

その点、サプリメントは手軽ですよね。


サプリメントのびわ丸は、
水に抽出するお茶に比べびわ葉そのものが凝縮されているので
薬効性がとても高くなるそうです。

お手軽なうえに
薬効が高い。

しかも!
後に書きますが
枇杷の葉の危険性も排除されているのです。

枇杷の葉の危険性。。。

それは
がん対策にもなるという「アミグダリン」。

がん対策になるならたくさんほしいと思ったのですが、
実は、加水分解すると
「シアン化水素(青酸の猛毒)」が発生してしまうのだそうです。

煮だしているということは
もしかすると
シアン化水素(青酸の猛毒)を作っているのかもしれないです。。。

と考えると
アミグダリンは無いほうが安全ですよね。

アミグダリンは、ビタミン17と呼ばれていた時期もあるそうですが
生命活動に必須となる栄養素ではなく、欠乏症の症例も出ていないことから
ビタミンの定義から外れています。

もっとも、普通のお茶として飲む分には
死に至るような量のシアン化合物が発生していたわけではないようですが
サプリメントとして大量に摂取する場合は
危険なようです。

そのため
アメリカでは米国食品医薬品局(FDA)によりアミグダリンの販売は禁止されているのだそうです。

ねじめびわ茶葉はが一切入っていないそうですので、安心して
いただくことができますね♪



さらに、

びわ丸に使用しているびわの葉は鹿児島県で太陽の光をたくさん浴びて育った
国産100%です。
また、十津川農場では、農薬無散布・防腐剤不使用を徹底しています。

製法にもこだわりがあり、
・こだわりの水での洗浄
・天日乾燥
・トルマリン石焙煎
による製法で特許を取得(製法特許第6480635号)しており、
びわの葉のもつ有用成分を豊富に引き出しています。



こういう魅力満載の「びわ丸」。

初回限定で
約1か月分の120粒が送料無料で税別2030円。

約3か月分の360粒が送料無料で税別4930円。

より詳しい情報やご購入はこちらからどうぞ

10万袋突破/鹿児島大学と共有特許取得のびわ丸
びわ丸
posted by みかぴよん at 19:53| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: