2014年04月08日

JESの上履き

小学校で2年前に靴の選び方の講演会がありました。

外ばきは気にしても、上履きは一番安い300円台のものを購入していた私・・・

すごく反省させられました。

「上履きには、「運動するときに危険から身を守る」とともに「足を保護する」という目的があります。登校して上履きに履き替えたら、下校までの大半の時間を上履きで過ごしますので、足に対する影響が大きく、その選択には注意が必要です。値段の安さだけを優先させて選択すると、成長過程の足に余分な負担をかけたり、足のトラブルを引き起こすおそれがあります。

体育の授業を安心して行うためには、クッション性や防滑性は不可欠ですし、子ども達の足の幅や厚みも様々ですので、より多くの子ども達に適合するよう工夫されたものや、ひもや面ファスナーなどで調整可能なものが望ましいと言えます。

「どのような靴でも自由」という学校もありますが、選択肢を自由にする場合は、その目的を児童生徒と保護者が理解し、自分に合った靴を選択できる力を身につけさせることが大切です。

バンドバレー型の靴は値段が安く、どこでも購入できる利点があります。 ただし、足の指の自由がかなり制約されるものもあり、クッション性も充分とはいえないようです。また、靴底が滑りやすく踵も脱げやすいものが多いため、体育館での授業の場合は注意する必要があります。」
という内容をしっかりレクチャーされ、それまで履かせていたバレーシューズは特に体育には向かないなあ・・・と。
で、勧められたのが

健康上履きJES-2102(マジックテープタイプ) 靴底に通気穴のある特許構造!14センチ〜29センチ・青・赤・黄・白・緑

健康上履きJES-2102(マジックテープタイプ) 靴底に通気穴のある特許構造!14センチ〜29センチ・青・赤・黄・白・緑


取り扱っている靴屋さんが少ないので、通販での購入になりますが、足の大きさを測るための用紙もJESのHPからダウンロードできます。

ほとんど一桁違う価格にちょっとがっくりしましたが、より健康に育ってほしいので、講演会以来、こちらの商品を購入しています。

娘も歩きやすいと喜んでいます。
posted by みかぴよん at 23:41| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: